忍者ブログ

続・歴代トランスポーター【9代目/ヴェルファイアハイブリッド】

トライアルワークス小坂の歴代トランスポーター9代目/ヴェルファイアハイブリッド 【ヴェル様】 のブログ

日光から新潟へロングドライブ

イギリスとオーストラリアに送るパーツの製作が終わったので、ひさしぶりに仕事を休んでヴェル様で出かけることにした。

行き先は最近お気に入りの奥日光・戦場ヶ原にしようといったん決めたものの、前日の夜おそくになって、急に新潟へ行って「あるモノ」を再び見たいという衝動が湧き起こってきた。
で、迷ったあげく、とりあえず戦場ヶ原へ行って、天気が良くなかったらそこから新潟に移動しようということで落ち着いた。

そして日曜日。朝7時半に自宅を出て、高速は使わず一般道を使って、11時ちょっと前に戦場ヶ原に到着したが、赤沼駐車場はすでに満車で、その先の三本松駐車場にクルマを停めた。
天気予報では奥日光は曇りで午後から雨となっていたが、雲はあるものの青空が広がっている。
だが、私の気持ちはもう新潟行きに傾いていた。少しの休憩の後、そのまま国道120号を北上し、関越道の沼田ICを目指しヴェル様を走らせる。
金精峠の手前で道路脇に駐車スペースがあったので急遽ヴェル様を停め、景色を眺めることにした。



正面には金精山の荒々しい姿。その右手にある金精峠をくぐる金精トンネルを抜けるとそこはもう群馬県だ。
ここから反対方向を振り返れば、こんな光景が広がっている↓




手前には湯ノ湖、その先は戦場ヶ原、そしてその奥にそびえる男体山の勇姿。奥日光はまさに絶景スポットの宝庫だ。
この後少し走って金精トンネルを抜けると、そこは群馬県利根郡片品村だ。
途中、農産物直売所に寄ってこの辺りの名産品、トウモロコシとリンゴを買ったりしながら12時ちょっと過ぎに沼田IC到着。ここから関越道を一気に新潟まで走り抜ける。


新潟まで行って私が見たいもの――― それは、ある「船」である。
その船は、実は7年前にじっくりと見ているのだが、それを再び見るためにわざわざ新潟まで出かけていくなんて‥‥‥自分でも本当におかしいと思う。


沼田ICから少し走ると、県境のなが~い長い関越トンネルを越え新潟県に入る。
「な~んだ、新潟なんて近いじゃん」と一瞬思ってしまうが、ここから新潟市の市街地までがじつ~に遠く、延々と走り続けるという印象だ。
ようやく新潟の市街地に入り、昨晩就寝前にGoogleMapでサイバーロケハンしてナビ様に地点登録しておいたポイントに到着した時は午後2時半を過ぎていた。



この釣り人で賑わうポイントの対岸に、その船は停泊しているはずだ。



そうそう、この貨物船を見たくって‥‥‥ ってオイ、そうぢゃないだろ!その反対側だろうが!!



そうそう、この赤い船‥‥‥って、それも違うだろ!! そのずっと奥に泊まってるヤツだよ!!



久しぶりだな、ひゅうが‥‥‥。 おまえにまた逢いたくなって、はるばる新潟までやって来たが、元気そうでなによりだ(笑)。
甲板の上も岸壁も、見物客がいっぱいじゃないか。ここ新潟でも大人気のようで、一安心したぞ。

時計を見ると午後3時。帰路は関越道を使わず、会津の山越えで栃木県に抜けて一般道で帰る予定なので、もうそろそろここを出なければならない―――。

そういう訳だからひゅうが、ここでおまえとはサヨナラだ。これからも日本のために頑張ってくれよ、じゃあな‥‥‥。

対岸からひゅうがに別れを告げ、私はヴェル様に乗り込んで、ナビの目的地を自宅にセットして走り始めたが、せっかく新潟まで逢いに来たのにこれでお別れか‥‥‥ やっぱそれはないでしょ!?!?
私は再びナビ様を操作し、昨夜念のため地点登録しておいたひゅうが一般公開の臨時駐車場を目的地に設定した。



臨時駐車場にヴェル様を停めた時はもう3時半を過ぎていた。今日のひゅうが一般公開は4時半まで。先ほど対岸から見た時は大勢の見物客で混雑していたようだったが、もう帰る人が多く、空いてきているようだ。



間近で見るひゅうがは、もう圧倒的にカッコイイ!!

ひゅうがは2009年9月の横浜大桟橋での一般公開の際に間近で見て、中も見させてもらっているのに、また新潟まで来て同じように見て、しかも同じように‥‥‥いや、それ以上に感激している自分に、自分でもビックリだ。
60のオッサンがいい歳して、それこそ子供のように「カッコイイ~~~(^^♪」ってコーフンしてしまうのって、いったい何なんだろう??? ‥‥‥もしかして「バカなの?」(笑)。

というわけで、また甲板の上に上がらせてもらったりして写真もいっぱい撮ったけど、それらはこのブログではアップしません。

そんなこんなで、もうクルマもまばらな臨時駐車場のヴェル様の所に戻った時はすでに5時近くになっていた。



この時間から当初の予定通り会津若松から山越えで鬼怒川に抜けて一般道で帰るとなると、自宅に着くのは深夜になってしまうので、予定を変更して帰りも関越道を走ることにした。
高速道はお金もかかるし、いろいろな面で変化も少ないのであまり好きじゃないのだけど仕方がない。

―――というわけで、今度こそひゅうがに別れを告げて帰路につくが、いきなり新潟市街で渋滞にハマってしまう。
それでも5時半には北陸道の新潟西ICに着いて、そこからは順調に走り続けることができたのだが、関越道の本庄児玉から先で10km以上自然渋滞が発生していたので高崎ジャンクションで北関東道に入り、東北道にトラバースするもやはり佐野から先で渋滞していたので佐野で降り、あとは一般道を走って10時ちょうどに無事自宅へ帰り着いたのでありました。

本日の走行軌跡(レーダー探知機のGPS走行ログ)↓



関越トンネル内はGPSが探知できないから、行きと帰りで長方形になっちゃってる。

で、本日の走行距離はこのとおり↓



762.8kmか‥‥‥けっこう走ったけど全然疲れはないね。さすがヴェル様、快適じゃ。
ただし今回の燃費は12.4km/Lと、良くない数値が‥‥‥。そう、ヴェル様は高速では燃費が落ちるんだよねぇ(ーー;)。


最後に、関越道の伊香保あたりで街の明かりがパーッと広がる地点があって、その時かかってた杏里の「嘘ならやさしく」のサウンドとその夜景が一体になって感動的だったので、ドライブレコーダーの映像をアップしておきます(DRV-610の夜の映像はまだアップしてなかったしね)。



‥‥‥ドライブレコーダーに録音された音じゃ全然だめだな、やっぱり(ーー;)



PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

9代目トランポ・ヴェルファイアHVのBLOGへようこそ

30系ヴェルファイア/アルファードに乗っている方や、購入を検討中の方に参考にしていただけると幸いです。

新着記事

↓新着記事へのショートカット(リンク)↓

(10/12)
(10/03)
(09/17)
(09/16)
(08/30)
(08/22)
(08/09)
(08/05)
(07/21)
(07/15)
(06/30)
(06/25)
(06/24)
(06/19)
(06/16)
(05/07)
(04/10)
(04/03)
(03/29)
(03/12)
(03/05)
(02/19)
(02/08)
(02/05)
(01/28)

P R